薬剤師の継続教育の必要性を感じさせてくれたProファーマ

資格を得たときと比べると職務範囲がとても広くなった

: 第一三共プロファーマ株式会社

就職して稼がなければなりませんでしたが、当面はアルバイトをしながら就職活動を行っており、求人情報を日々チェックしながらの毎日でした。
その後アルバイトではなく社会人として会社に入らないとならない、いつまでもバイト生活では人としてどうなのか、社会人にならなければ1人前の人間になれないと感じ始めどこでもよいので自分の居場所ともいえる会社への面接を数社受けてみました。
勤務先は薬剤師との関係がまったくない会社、何のために大学受験をして国家試験合格のための勉強をして来たのかなどと考えることもありましたが、資格を持っているだけでも凄いことだと周りの人からいわれたこともありました。
仕事をしていても資格を持っていることを何とか活かすことができないだろうかと考えることもありましたが、ブランクが起きると本来の目的を達成するときに不利になると感じるようになり、薬剤師として生きるためには継続的な勉強が欠かせないと思うようになったのです。
ネットの中で情報を集めていた際に見つけたのがProファーマ、薬剤師の専門知識取得や実践力向上を目指したインターネットを利用した教育メディアです。
簡単に説明するのであれば薬剤師の継続教育のためのイーラーニングといえるもので、自分が利用始めたときと現在のコンテンツ量を加えるとはるかに増えています。
Proファーマの需要が高い背景の中にはプライマリケアの中での薬剤師の職務が広範囲になる、これに対応を可能にすることが挙げられます。
実際、薬剤師の資格を活かすことができる会社に入社できたときには当初資格を得たときと比べると職務範囲がとても広くなっており、そのまま入社していたら途中で挫折したかもしれません。

製薬会社への就職はすべて大敗資格を得たときと比べると職務範囲がとても広くなった薬剤師の継続教育には欠かせない存在